linux

chronyc 強制同期

chronycの強制同期をします。stepモード(システムへの影響を避けるために徐々に修正ではなく一気に)による修正なので本番環境などではご注意ください。

$ sudo chronyc -a makestep
200 OK
200 OK
$


-a の自動認証オプションがないと以下のようにエラーで弾かれてしまいます

$ sudo chronyc makestep
501 Not authorised
$ 


同期状態を確認します。左端にアスタリスク(*) が現在同期しているソースになります。

$ chronyc sources
210 Number of sources = 4
MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^- y.ns.gin.ntt.net              2  10   377   643   +968us[ +925us] +/-  101ms
^- time.platformnine.com         3  10   377   824   +630us[ +589us] +/-  125ms
^- x.ns.gin.ntt.net              2   9   377   398  +1123us[+1077us] +/-   76ms
^* hachi.paina.net               2  10   377   214   -113us[ -161us] +/-   51ms
$

参考

ペコリ m(_ _)m

18.3. CHRONY の使用
新しいNTPクライアント&サーバ、chrony

タイトルとURLをコピーしました