linux python

CentOS7 に pyenv をインストールする

pyenvを利用するとディレクトリ(アプリケーション)ごとにVersionを分けられたり、OSで既に稼働しているバッチなどにも影響せずに入れれるため便利だと思います。

Cent7.2で実施した手順をまとめてみました。

インストール手順

必要パッケージインストール

自分の環境ではpythonのコンパイルなどで以下が必要でした。

$ sudo yum install  bzip2-devel openssl-devel readline-devel sqlite-devel patch gcc

pyenvインストール

$ curl -L https://raw.githubusercontent.com/pyenv/pyenv-installer/master/bin/pyenv-installer | bash
$
$ cat <<'EOF' >> .bashrc

export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"
if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then
    export PATH="${PYENV_ROOT}/bin:${PATH}" 
    eval "$(pyenv init -)" 
    eval "$(pyenv virtualenv-init -)" 
fi
EOF

$ . ~/.bashrc

使用できるpythonを確認してインストール

$ pyenv install -l
$ pyenv install 3.6.4
$ pyenv install 2.7.14

特定ディレクトリ配下のみVersion変更

$ pyenv versions
* system (set by /home/user/.pyenv/version)
  2.7.14
  3.6.4
$
$ pyenv local 3.6.4
$ pyenv versions
  system
  2.7.14
* 3.6.4 (set by /home/user/.python-version)
$

### そのユーザーの(ディレクトリ単位ではなく)全体の設定はglobalを指定する
$ pyenv global 3.6.4

参考

ペコリ m(_ _)m

pyenv-virtualenvでディレクトリ単位のpython環境構築
Pyenvの使い方

タイトルとURLをコピーしました